ファッション通販という新しい買い物のかたち

本当に自分にあったサイズなのか

ファッション通販を利用して商品を購入する人のことを考えて、サイズや素材についての記載がしっかりとされているようなものを選ぶに越したことはありませんが、たとえ記載されていたとしても確認を怠ったのでは意味がありません。

店頭で試着してから購入することのできないファッション通販の場合には、S~Lなどの単純なサイズ表記だけでなく細かい部分までサイズが書かれているものを選んで検討した方が失敗を減らすことができます。
表記された数字だけ見てもピンとこない場合は、手持ちの服のサイズと比べてみるといいかもしれません。
たとえサイズが同じであったとしても、素材によって感じが違ってくることもあるので洗濯表示と合わせて材質についてもチェックしてみるといいでしょう。

デザインを確認するコツ

商品のイメージを膨らませていくためには、少しでも多くの角度やポーズが掲載されている商品を選ぶことが求められます。
モデルが着用している写真がワンショットだけしか載っていないような場合には、残念ですが購入を見送った方がいいかもしれません。

様々な角度の写真が載っていれば、縫い目の位置や生地の光沢といった質感まで確認することができるのです。
モデルの体型までは確認できないかもしれませんが、モデルという職業柄かなり整ったスタイルの持ち主であることが予想されますので、自分が着用した時にも同じようになるかどうかは疑問が残ります。
そのためにもファッション通販で購入する際には、あまりピッタリとしたデザインを選ばないようにした方がいいようですね。


この記事をシェアする